坂本晶の「人の言うことを聞くべからず」

「水瓶座の女」の著者坂本晶が、書評をはじめ、書きたいことを書きたいように書いていきます。新ブログ「人の言うことを聞くべからず」+を開設しました。古代史、神話中心のブログです。

なぜムスカはシータの髪を撃つのか?~『天空の城ラピュタ』論

f:id:sakamotoakirax:20140622104350j:plain

ムスカがシータのお下げ髪を銃で撃つシーンを、私はずっと、宮崎の少女レイプ願望の表れだと思っていた。しかしやがて、それだけでは納得できないところが出てきた。 それはカメラアングルである。シータの髪を撃つシーンは、ムスカの後ろから撮られ、シータが遠くなっている。これでは一回観ただけでは、何が起こっているのかわからない。 なぜこのカメラアングルなのか?宮崎は自分の願望を観客に知られたくないのか? そんなことはない。シータの髪が短くなっていることは、ラストに分かるからである。 久美薫の『宮崎駿の時代』に、ラピュタを「なんだかエロい」と書かれているのを読んで気づいたが、確かにラピュタはエロい。パズーとシータがやたらと抱き合う、飛行石が光ってシータが悶える、69の形でパズーがシータを救出する、ほんの一瞬だけ、シータの足の付け根まで見えるチラリズムラピュタはエロスに満ちているが、それに気づかないのは、ラピュタが清純さを全面に出しているからだ。いや、清純さが建前になる寸前まで、パズーとシータは絡み合っている。観客はラピュタの清純さの前に、リビドーを押さえつけられる。ここまで考えて、シータの髪が切られた意味が見えてくる。 ラストのラピュタ城が崩壊した後、木の根に引っ掛かって墜落を免れたシータが目を冷ます。その上にパズーがのしかかるようにして、シータを見つめている。ここからイメージされるのは、まさに初体験の朝である。観客は、ここに物悲しさを感じる。この物悲しさは、物語が終わることによるものだろうかーー違う。何か違和感がある。 パズーとシータがドーラ一家と落ち合い、ドーラがシータの髪のことを述べて、シータの髪型が変わったのに気づいた人も多いのではないだろうか。そしてここまで考え、やっとシータの髪が切られた意味が分かる。初体験の相手の少女は、既に強姦されていたのである。観客がラストに感じる物悲しさは、初体験の相手が処女を喪失していたことを知ったことによるものである。宮崎はロリコンだが、いやロリコンだからこそロリコンを嫌悪し、自分の中にあるロリコンに対する怒りを、観客にぶつけたのである。