読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂本晶の「人の言うことを聞くべからず」

「水瓶座の女」の著者坂本晶が、書評をはじめ、書きたいことを書きたいように書いていきます。新ブログ「人の言うことを聞くべからず」+を開設しました。古代史、神話中心のブログです。

韓国について

韓国が釜山の日本総領事館の前に慰安婦像を設置しようとした時は、日本は外交官を引き揚げたりした。

 政府の態度は、評価できるものだった。

 別に日本のプライドなどと言うつもりはない。 

しかし韓国の行動は国際法違反であり、日韓合意を踏みにじるものだった。 

韓国はいくら謝罪しても日本を許さない。ならば下手に出るよりは強気に出た方がいいと思って政府を評価していた。


 その後韓国がTHAADを配備し、中国との関係が悪化すると、韓国の中にも日本との関係を見直す声が出た。

対馬の観音寺から盗まれた仏像も、「日本に返した方がいいのではないか」というメディアもあった。

 私は、この流れを好ましく思っていた。


 とにかく日本を許さない韓国の精神は、韓国の狂気である。

 しかしこの一時期の風潮を見ると、韓国にもパワーバランスを考える感覚があることがわかる。

 そして釜山の日本総領事館慰安婦像が置かれた時の日本政府の対応は評価できるが、その後の世論は評価できない。

 当時、アメリカのトランプに振り回されていた日本では、韓国と仲良くした方がいいという意見はほとんどなかった。 

日本も韓国と変わらない。韓国相手にケンカをする余裕などはない。 だから最近の右翼はおとなしい。

 しかしだからこそ日本も、韓国と仲良くしたいと言えばいいのである。

 都合が悪くなると沈黙するばかりで、建設的な意見を出さない。それが日本の不健全さである。

 古代史、神話中心のブログ「人の言うことを聞くべからず」+もよろしくお願いします。