坂本晶の「人の言うことを聞くべからず」

「水瓶座の女」の著者坂本晶が、書評をはじめ、書きたいことを書きたいように書いていきます。新ブログ「人の言うことを聞くべからず」+を開設しました。古代史、神話中心のブログです。

ドラゴンボールを考える⑤~『宇宙サバイバル編』の予想と『復活のF』

さて、『ドラゴンボール超』(以下DB超』)の今クールED『遥』の動画をご覧頂こう。 少し前まで、「悟空が見えない敵と戦っている」という動画がyoutubeにアップロードされていたが、今はない。 

あの動画がなければ、これから述べることは考えなかった。 このEDは、『宇宙サバイバル編』のラストを表すものである。しかし敵は見えないのではない。 

序盤、画面が暗いが、削除防止のため動画が加工されているためで、実際はもっと明るい。

 各宇宙の戦士達が出てくるが、第11宇宙の三人の戦士の背後に炎がある。これは、この三人が武舞台に残っているからである。

他の宇宙の戦士達は、全員脱落して全王に宇宙ごと消滅させられたのである。

 悟空は草原の真ん中にいて、悟飯が悟空のそばにくる。

 第7宇宙の他の戦士は、やはり草原にいるので、悟空に近い場所にいるとわかる。しかし彼らは見ているだけである。 

その理由は、彼らは脱落してベンチ席にいるからである。武舞台に残っているのは、悟空と悟飯しかいないのである。

 注目すべきは、ベジータが脱落していることである。『DB超』は悟空が主役、ベジータが準主役の構成だが、ベジータが脱落して悟飯が残れば、悟飯が準主役である。 

そして『DB』は悟空が勝てない敵に勝ったり、悟空ができないことを誰かがやったりすると(ブルマが悟空が作れない機械を作ったりするなどは除いて)主役交代である。

悟空が脱落して、悟飯が最後に武舞台に残るようなことがあれば、実力が悟空が上でも悟飯が主役である。


 第9宇宙が全王に消滅させられてドン引きさせられた反発で、生き残った戦士達が反乱を起こすという予想が出ているが、そのようなことは起こらない。

 鳥山が界王神のようなやさしい神でなく、ビルスや全王のような「荒ぶる神」を登場させた以上、『DB超』は神話である。

 神話では、神は人間に試練を与え、人間は神の試練を受けて、それまでと違う人格へと変貌する。

 神は人間に試練を与えるが、試練=神ではない。神への反逆は試練の否定であり、神話の否定で、そのような展開を『DB超』がするはずがない。 

なお、スーパードラゴンボールで消滅させられた宇宙が復活する可能性はあると思っているが、それは単純なハッピーエンドではない。悟空か地球、あるいは両方に災厄が降りかかる展開になるだろう。

 第11宇宙のディスポがビルスに似ているのは、ディスポを倒す者が「ビルスを倒しうる者」だからである。

 悟空の相手がジレンで、ラスボスの風格を漂わせているが、ディスポは裏のラスボスで、その相手は悟飯である。

 この間の放送で、ディスポのポテンシャルが悟空以上なのがはっきりして、経験知で悟空とヒットが勝ったので優勢だったが、これは悟飯が主役になるための布石である。

 そして、これは悟飯vsビルスの対戦が無いことを意味している。

その理由も先に述べた『DB超』が神話だからで、悟空vsビルスは可能性があるが、悟空はビルスに勝てないだろう。

 以上の伏線が見えてきたことから考えると、『宇宙サバイバル編』は恐らく最後の長期シリーズで、その後は最終回に向けた展開になるだろう。


 さて、『復活のF』である。 『ナメック星編』では余裕があり過ぎて掘り下げきれなかったフリーザの悪の本質を、『復活のF』は見事に描き出している。

 「地球の地獄」は花が咲き誇り、妖精やぬいぐるみがパレードや歌を披露する世界である。

 フリーザミノムシ状態で、その光景を見せつけられ続ける。 この世界がフリーザには限りない苦痛なのだという。 

フリーザにとって、人が自由に楽しんでいること自体が苦痛なのである。

何かクラスの中に見えない階級とかがあって、「どのくらい大きな声で笑っていい」とか、「教室の中でどのくらい自由に楽しそうにふるまっていい」かが決められてるみたいな…

 

と『3月のライオン』でも言っているが、悪人にとって、人が自由であること自体許せないことなのである。

 思うに、尼崎連続殺人事件でも、人が殺される順番はこのような感情で決まっていたのではないだろうか。

 つまり殺された人間を、殺した人間が笑う。

 より多く笑った人間が生き残り、笑わなかった人間が次のターゲットになる。 

同じ笑った人間でも、笑いの少ない者が次のターゲットになる。

殺された人間を笑わないのが、殺した人間への批判になるからであり、人が自分を批判する自由を持つことを、悪人は許さないからである。


 『復活のF』は、劇場版とTVアニメに、大きな違いはない。ただTVアニメは尺を長く取ることで、フリーザの悪がさらに掘り下げられているようである。 

『復活のF』で、超サイヤ人ブルー(以下SSJB)が初登場する。 「でも所詮超サイヤ人じゃないですか」 というフリーザに対し、

f:id:sakamotoakirax:20170822171157j:plain

f:id:sakamotoakirax:20170822171431j:plain

っていうけどへっ!どゆこと!? 

あにこ便のツイートにはなかなかいいツッコミがある。

@t_setsuna スーパーサイヤ人ゲシュタルト崩壊してる

 

ザブトン三枚。 他にもいいツッコミがある。『神と神編』でのツイート

 @tokyo_teleport ビルス様もう地球破壊しちゃっていいよ(・_・) 

 

ザブトン全部取っちゃってww

 ってザブトンがどうとか今の若い人達にわかんのかなー。


 で、話を戻すとSSJBとは何か


?う~ん…。


 ウン、つまり青>赤>黄なのね!?


 納得!! 


悟空がSSJBになり、フリーザゴールデンフリーザになって戦うが、力はフリーザの方が上である。 

『DB』では、悟空が終始優勢に戦うのが勝利の定番だったが、『復活のF』以降、悟空が劣勢を挽回して勝つ展開がしばしば見られるようになる。

 ゴールデンフリーザはパワーの消費が激しいため逆転するが、その前にフラグが立っている。ビルスが「ベジータと二人で戦えば勝てる」と言っているのである。

 優勢になったところで、悟空がソルベの光線銃に胸を撃たれて再逆転され、ベジータが交替する。

 ビルスの星での修行中に、ウイスが「自分の強さに自信があり過ぎて油断している場面がよくある」と、悟空に忠告する。しかし悟空が油断しがちだと言われたのは、『復活のF』が最初である。


 SSJBになったベジータフリーザにとどめを刺せるところまで追い詰めるが、フリーザが地球ごと破壊してしまう。


 でえじょうぶだ、ナメック星のドラゴンボールで元通りだ!!

 と言ってはいけないww。確かにそうなのだが、ここはこの場の雰囲気を汲み取るべきである。

 家族が死んで悲しむ仲間達や、悟空の後悔する様子が描かれる。

 人間は死んだら終わりだが、『DB』の世界観では死んでも生き返れる。 しかしそれでは、人が死なないために懸命に戦う場面を描ききれない。だから『復活のF』の中だけでも、悲しみ、後悔する場面を入れたのである。


 ウイスが時間を巻き戻して、フリーザが地球を破壊する前に、悟空がかめはめ波でとどめを刺す。

 戦いが終わり、パーティーが開かれるが、1度地球を破壊されたことの気分の重さは払拭できない。

 悟空が、「たまには組んだ方がいいと思うか?」 とベジータに聞くと「それでも俺はごめんだ」 とベジータ

f:id:sakamotoakirax:20170822190316j:plain

と悟空。 ここで初めて、我々はほっとするのである。

元の『DB』の世界観が戻ってきたと。 まるでマジックである。

 『DB』は、悟空が常に優勢に戦うことで、読者、視聴者が安心して楽しめる世界観が売りである。

 だから時間の巻き戻しをしても、我々は地球が破壊されたことへの気落ちは無くならない。

 ドラゴンボールで地球を復活させた場合、ここまで気落ちしないだろうと思うのは、ドラゴンボールは既に戦略に組み込まれているからである。 誰もドラゴンボールを思い出さないと、その絶望感は見るに絶えないほどのものだった。 

そして悟空のこのセリフで、『DB』の世界観が戻ってきたが、それは悟空とベジータが、地球の運命を考えずに戦いを楽しむ世界観となったのである。

 マンガ版では、『復活のF』のところがごっそり抜けている。

それはマンガの悟空が原作を引き継いだキャラで、油断したり、地球の運命を考えずに戦いを楽しむキャラではないからである。 


古代史、神話中心のブログ「人の言うことを聞くべからず」+もよろしくお願いします。

流行

コアラ、ラッコ、エリマキトカゲ、その他いくつもの、私の覚えていないほどの流行が私の子供の頃にあった。 

大人も子供も、常にこの話題で持ちきりだった。 それは一種の強迫観念で、時に苦痛なものだった。

 私にとって苦痛だったのは『ガンダム』の流行だった。 

何しろ小学校低学年の時である。 同級生は『モビルスーツカッケー』と盛んに言っていたが、そう言う理由は、『ガンダム』流行の主体はティーンエイジャーで、小学校低学年にはストーリーが全くわからないのからである。

プラモデルなども流行ったが、不器用な私はプラモを作るのもしんどかった。

 いや、苦痛だという自覚も当時はなかったかもしれない。 

流行についていかないと、自分が人間としておかしいように思えるので、必死になってついていった。

 少年期の頃の流行は、ついていかないと人としてまともに見られないという強迫観念があった。


 高校生になったあたりから、流行が人間の評価から切り離された。

 なぜそうなったのか、私の中で未だに結論は出ていないが、人々が「新しい」「古い」を言わなくなったのと、それは連動していた。

「新しい」ものが正しく、「古い」ものが間違っていて、捨てなければならないものだという論法で、人はよく価値判断をしていたのである。

 「新しい」「古い」を議論の論法として頻繁に使った人で、私が見た最後の人物は、私の大学の同期の人物だった。

もう誰も使わない「新しい」「古い」の論法で自分の主張を正当化しようとする彼を、私はシーラカンスを見るように見ていた。 


流行は古今東西にあるものであり、また途切れることのないものだった。 

その流行が途切れたのは、『永遠の0』の後だった。

永遠の0』からしばらく、流行と言えるものが現れなくなったのである。

 流行とはストーリー作品に限ったものではない。2000年代には習字の練習さえ流行になった

。そのような中身の薄い、軽薄な流行さえ見当たらないようになったのである。


 『永遠の0』の流行の後、流行と呼べるものが現れなくなった理由はわかる気がする。

 『永遠の0』は特攻礼賛の作品として受容された。 しかし『永遠の0』は、「特攻隊員が生きて帰る」物語だったのである。

 主人公の宮部久蔵の代わりに帰還する大石賢一郎は、宮部の妻と結婚する。 

これは特攻した隊員が生きて帰ることはできないので、大石自体が宮部の真の代理だった。つまり特攻で死ぬべきではないというのが、『永遠の0』のメッセージだった。

 読者及び視聴者は、このメッセージを誤解せずに、正しく読み取った。

 その結果、特攻がテーマの作品のレビューが、零戦ファイトに興奮する内容で溢れるようになった。特攻礼賛のものとして受容された作品が、特攻を否定するものだったため、人々はこれを正しく評価できなかったのである。


 『永遠の0』の後、『シン・ゴジラ』まで流行不在の時期が続く。

 『シン・ゴジラ』に続いて『君の名は』、『PPAP』、『けものフレンズ』と流行が続くが、今再び、流行と呼べるものがない時代になっている。 

このうち『PPAP』は、流行の中によくある、本当になぜ流行ったかわからないものである。

 『けものフレンズ』について、私はここで詳しく言及する気はないが、今のところ言えるのは、『けものフレンズ』が中級のヒットであり、『けものフレンズ』が時代を反映したものかは、類似のヒット作品が現れるかどうかで決まると思っている。


 流行がないとは、我々の心情を反映するものがないということである。 なぜ流行がなくなったのだろうか?

 その理由は、日本国憲法があるからだと私は思っている。

 今から70年前に制定された日本国憲法の何が問題なのか?

九条ではない。国民主権がその大きな理由である。 

周知の通り、日本国憲法制定以前は天皇主権である。

 もっとも天皇主権といっても、天皇は誰かの代わりに行為するもので、意思決定者は別にいる。天皇機関説統帥権の議論などに、このことは表れている。

 日本は古来よりこのような体制で、将軍も大名も、果ては庄屋に至るまで、主権者は誰かの代わりに意思決定を行う者だった。

 だから見方によっては、日本は昔から民主的な国だったと言える。ただ意思決定者に責任が伴わなかっただけである。


 天皇制はまた、責任の忘却システムである。 幕末の攘夷から開国、佐幕から勤王への転換も、この忘却システムによってなされた。だから体制の変換も短期間に、犠牲も少なく行うことができた。 

しかし天皇主権から国民主権となって、国民は責任を他に転嫁することができなくなったのである。

 国民が平和主義を唱えながら自衛隊日米安保を保持する自民党を政権につけるシステムも、戦前の犠牲者への責任を回避するためのものだった。 

けれども国民主権である以上、この戦後のシステムは有限、期間限定のものだった。

 今なお戦後のシステムは維持されているが、我々の方がこのシステムに耐えられなくなっており、自分を見失った者達が、流行を生み出せなくなっているのである。


 日本人は、責任の忘却システムがあって日本人らしくあることができた。

 しかし忘却システムがなくなった以上、責任を受け入れることでしか、我々は自分達が自分達らしいと思うことができない。

流行がなくなっているのは、自分達が「らしい」生き方ができていない証しである。


 古代史、神話中心のブログ「人の言うことを聞くべからず」+もよろしくお願いします。

日本型ファンタジーの誕生⑪~『亜人』:永井圭

亜人』は一巻では原作が三浦追儺、作画が桜井画門となっており、二巻以降から原作、作画共に桜井画門となる。

 なぜそうなったのか、講談社は語っていないが、想像を広ければ、設定は三浦が行ったが、作品にテーマを与え、テーマに基づいたストーリーに変えていったのが桜井ではないかと思う。


 永井圭は、突如交通事故に合い、生き返ることで自分が亜人と知り、周囲の人達にも知れる。

 『亜人』の重要なテーマのひとつは差別である。亜人とわかった人は、国に隔離される。

 隔離されることを怖れた永井は逃亡し、その逃亡を旧友の海斗が助ける。将来医者になろうとする永井は、父親が犯罪者の海斗と、それまで縁を切っていた。

 亜人は死なないのかと言えばそうではなく、死んで生き返る人間のようである。 

そこらへんは作中で議論になっているが、それはともかく、『東京喰種』の喰種のように、傷が急速に回復するのではなく、死んで生き返ると傷が全快するのが亜人である。(傷だけでなく、病気も完全に治る) 

逃亡中に足の骨を折り、永井は途方に暮れるが、その心情描写が妙である。

f:id:sakamotoakirax:20170804155036j:plain

なぜ永井は、自分を人間じゃないと思うのだろう。

 成績優秀な永井は、本来スクールカーストの上位にいた。なぜそのプライドが持てなかったのだろう?

 永井は首を刺してこと切れ、復活することで足の骨折を修復する。それを見た海斗の表情である。

f:id:sakamotoakirax:20170804160006j:plain

あ、指入っちゃった。直んねえ。まあいいやww

永井は海斗と別れ、紆余曲折を経て厚生労働省に捕まり、手足を切断され、とどめを刺されて復活し、また手足を切断されるという凄惨な人体実験を何日も受ける。

 人体実験を受ける中で、永井は幻想の中の田中功次と会話をする。 田中は人間を殺せという。

永井は黒い幽霊(以下IBM)で人間を攻撃しようとするが、その攻撃が人に当たる直前で、永井が自分を殺した時の海斗の表情が脳裏に浮かぶ永井のIBMがぶれ、その攻撃は外れる。 

下村泉は、永井とIBMのリンクが弱いと分析するが、ここで読者は、作者によってミスリードされている。

 永井のIBMは永井のいうことを聞かず、攻撃衝動が強い。しかしこの時IBMが人間を攻撃しなかったのは、永井とIBMのリンクが読者の想像よりは強いことを表している。

 永井は他の亜人よりも多くのIBMを出せ、IBMが形を保つ時間も長い。それをオグラ・イクヤは「異常なほどIBMが濃い」という。 

IBMとは、思うに人の心の闇だろう。 別に悪だという意味ではない。悪人でなくともIBMを操る亜人は多く登場する。 

中野攻がIBMを出せないのは、心に闇を持たないからである。永井のIBMが攻撃衝動が強いのは、それが永井の本性だからである。この点も、オグラ・イクヤが指摘している。

そして永井のIBMがしばしば中野を攻撃するのは、永井が心に闇を持たない中野が嫌いだからである。 

亜人だと分かる前、永井はスクールカーストの上位者だった。その永井の心の闇は、悲惨な人生を送ってきた下村泉や田中よりも深く大きいのである。 


永井の幻想の田中は、「なぜ人間を攻撃しない?」と永井に問う。

 「海斗に嫌われてしまうかもしれないから」と永井は答える。

海斗は自分のために命を賭けたが亜人である自分は命を賭けることができない。だから、

f:id:sakamotoakirax:20170807013341j:plain

と永井は言う。

 永井のような心境は、常に虐げられてきた人が陥る心境である。 破滅の中に、自分の存在意義を見出だそうとする。

カラマーゾフの兄弟』で、父殺しの嫌疑で逮捕されたドミトリーがこの心境になり、自分が犠牲になることが社会、引いては人類の救済に繋がると思うようになる。

 このような心境には、比較的若い人が陥るようだが、注意しなければならないのは、その自己犠牲が本当に多くの人を救うことになるのかは、実はわからないということである。本人がそう思い込んでいるだけのことが多い。

 しかしスクールカーストの上位者である永井が、つい最近陥った境遇で、なぜこれほど追い詰められているのか? 

それは、差別に理由がないからである。 差別に理由がついている場合、それはもっともらしい理由がついていても、真実理由になっていない。だから差別するものは、差別によって真に支えられていない。

 だから差別するものは、差別される側に立った時、比較的容易に、いやむしろ安易に、差別を受け入れてしまう。

 特攻隊員が、次々と自己犠牲に飛び立っていく理由も、調べたことはないが、同じ理由で説明できそうである。

 特攻隊の志願書が回ってきた時、誰かが志願しなければならないという意味で、志願は強制である。 自分は死にたくない。だから他人に押し付けようとする。 

「なぜお国のために死なないのか」と言ったりし、また殴ったりする。 こうして次々と特攻機が飛び立っていく。

しかし特攻隊員が死んで人が減ってくると、やがて自分達にお鉢が回ってくるようになる。 そして自分が「なぜお国のために死なないのか」と言われるようになる。その時には、もう「俺は死にたくない」とは言えなくなっている。

「なぜお国のために死なないのか」と言った時点で、その人が自分を守る言葉を投げ捨て、手の届かない所に追いやってしまったからである。 


亜人が自分を殺して復活する姿は、自傷行為に見える。 

自傷行為は全ての日本型ファンタジーの作品に描かれている。『進撃の巨人』の巨人化はもろに自傷行為だし、『アイアムアヒーロー』にも、自分の足を喰うZQNが登場する。『東京喰種』にも、鈴屋十三のボディステッチ(体に糸を縫うこと)や、有馬貴将に負けた金木研が自分の目をほじくる行為などに、自傷行為が表れている。

 永井と海斗の心情はずれている。自分を殺す行為をした永井を見た海斗の表情から、永井は人を傷つけてはならないと思うが、海斗の表情は、自分を傷付ける者への憐れみなのである。

 しかし永井この時、人を傷つけてはいけないという道徳を、自分のものにしたのである。


 佐藤と戦うことを決意した永井は、戸崎のグループで多くの作戦を立案する。

その作戦の多くは、多くの人を犠牲にする作戦である。 その中で永井は、人と情を交わらせるのを恐れ、また必要なのではないか思うという、矛盾した想いに苛まれる。

 佐藤との戦いで、永井の策が次々と佐藤に破られ、永井は最後の策を明かす。

 それは、ビルの中に全ての人を閉じ込め、決着がつくまで戦うというものである。そうすれば、亜人以外はほとんど死ぬだろう。しかし永井は、

f:id:sakamotoakirax:20170807181639j:plain

と言うのである。

実行するのは自分である。それを他人がすることのように言う。

 マキャベリストとは、他者を犠牲にする場合、自分にとって必要だという理由以外の自己正当化を不要、というよりむしろ有害だと思うタイプの人間である。

 よく見ればナポレオンもチャーチルも、時に自分を全面的に正当化したい衝動を押さえきれていないようだが、それでも彼らの行動はマキャベリストそのものである。

 マキャベリストは自分を全面的に正当化しないという点で、ひとつの生の在り方として健康的な人々であり、それゆえに多くのマキャベリストでない人達をも魅了してきた。


 永井の母は永井を「情動的な父親に少し似た」と言うが、はたして少しだろうか? 

作者はまだ、読者に永井をマキャベリストだと思わせておきたいので、ミスリードすることを狙っているようである。 

マキャベリ的な永井の計画は、永井の強靭な頭脳が生み出しているが、頭脳がマキャベリストを作るのではない。

 永井はマキャベリストではない。道徳的に生きるしかない人間である。

 『亜人』は永井から見た場合、道徳的でヒューマンな自分を取り戻す物語である。

 古代史、神話中心のブログ「人の言うことを聞くべからず」+もよろしくお願いします。

弁護士が無能すぐるww③

sakamotoakirax.hatenablog.com

の続き。 先日、日弁連から通知がきた。

主文
本件異議の申出を棄却する。
理由
当部会が審査した結果、同議決書(山形県弁護士会の議決書)の認定と判断に誤りはなく、同弁護士会の決定は相当である。

 議決書には、日本弁護士連合会綱紀委員会第2部会長川端基彦とある。ふーんこの人が決めたのねww

で、綱紀審査委員会に申出ができるとのことなので、今日文書を提出した。 以下全文。

弁護士とは論理のわからない人がなる職業のようなので、分かりやすく説明する。
山口弁護士が「弁護士は紹介できませんので」と嘘をついたことは、原弁護士会山形県弁護士会のこと)の議決書が否定しておらず、否定しないことで嘘をついたことを原弁護士会は暗に認めている。
私は異議申出書で、「『弁護士は紹介できませんので』と対象弁護士が嘘をついたことはこれだけで弁護士法第一条、第二条に違反し、この嘘から対象弁護士の態度は「懲戒請求者の主張するような態度だと言えるので、やはり弁護士法第一条、第二条に違反している」と述べた。
弁護士法第一条の二は、「前項の使命に基づき、誠実にその職務を行」うとあり、第二条は「常に深い教養の保持と高い品性の陶やに努め」とある。嘘をつくことが「誠実にその職務を行」うことになるはずも、「高い品性の陶やに努め」ることになるはずもない。
それを原弁護士会は「嘘をついた」を、「弁護士を紹介しないこと」に話をすり替えた。
日本弁護士連合会が何をどう審査したのか、議決書からはさっぱりわからないが、懲戒すべき理由は私の主張の中で完結しており、対象弁護士に相当の理由があってはじめてそれが覆るものである。
しかし原弁護士会、日本弁護士連合会双方の議決書には対象弁護士を懲戒しない相応の理由が全く見られない。よって日本弁護士連合会の決定は著しく不当であり、即刻決定の取り消しを求める。

 

そもそも、法律は人間同士が信頼しあえないことを前提に作られている。

 それなのに弁護士が守る法律に限って「誠実に職務を行い」とか、「高い品性の陶やに努め」とか、実におかしい。

 私の母親は、「裁判をするのは悪いことだ」と、常に言っていた。 

私の母親は異常な人間ではない。平均的な日本の親である。 

だから我々は、弁護士など詐欺師同然にしか思っていない。 

今回の日弁連の決定は、弁護士自体が詐欺師であることをあからさまに示したものである。 

綱紀審査委員会は、弁護士以外の人で構成されるらしい。 しかしこのふざけっぷりなら、山口紗世子は免責されるだろう。

小池田マヤ『しのぶもちずり』

f:id:sakamotoakirax:20170720164910j:plain

小池田マヤの『しのぶもちずり』は労作である。

 傑作ではない。しかしこの作品は、作家の使命感がある。

 それは「主人公にならない人間を主人公にする」というものである。

 創作とは既成のものを打ち破るものであり、そうである以上紋切り型の作品を作る作家でも、既成のものを打ち破るのは半ば義務のようなものであり、それをしない場合、たとえ紋切り型の作品がヒットしていても、暮夜密かに作家を悔やませるものである。


 『家政婦さんシリーズ』では、全体を通じての主人公は家政婦の小田切里だが、各シリーズごとの主人公がいて、(大抵は依頼主)『しのぶもちずり』の主人公は依頼主の信夫十忍(しのぶとしのぶ)である。

 信夫は営業マンで、メンヘラである。

 営業の仕事ほど、自分の仕事の意味が分からずに悩む仕事はない。それが「主人公にならない人間を主人公にする」作品とする第一の理由である。

 営業の仕事で神経を磨り減らし、周りにはしっかりしている人のように見えても、何かに頼りたいと思ったり、人と関わるのが苦痛で身を捩ったりする。信夫はそれで離婚した。

 離婚してもしっかりして見えるし、営業マンらしく物腰が丁寧なので、信夫はもてる(男にも)。

それで家政婦とのトラブルがあり、嫌気が差した信夫が家政婦派遣に提示した条件は「依頼主と顔を合わせないこと」だった。


 『家政婦さんシリーズ』の醍醐味は、依頼主の理不尽な要望に里が答えて、なおも依頼主を満足させていくところにあるが、このシリーズでも、里は顔を合わせずに、信夫の満足のいくサービスを提供していく。 

結局顔を合わせた二人は恋仲になるが、里は信夫のメンヘラに付き合い切れなくなる。

 メンヘラは周囲を疲れさせ、人が離れていく。 

これは信夫が営業の仕事をする限り、宿命のようなものである。

 そしてこれが信夫が本来主人公になれない第二の理由である。人が幸福になるのに人とのつながりが必要なら、信夫は永遠に幸福になれない。

ハッピーエンドを迎えられない信夫は、普通は主人公になれないのである。

 しかし信夫は幸福にはなれないが、誇りがある。誇りが幸福に変えられるものだとは思わないが、幸福の代わりに誇りを持って信夫は生きていく。

信夫は多くの幸福になれない人々の代表である。


 古代史、神話中心のブログ「人の言うことを聞くべからず」+もよろしくお願いします。

 

信長の戦い②~うつけの正体

信長の父の信秀の代に、織田家は三河安城城、大垣城に進出していた。しかし安城城は今川の手に渡り、大垣城も信長が家督を継いだ年に斎藤氏に戻った。
こうして、信長の勢力尾張国内に限定され、信長の戦争もほとんどが尾張国内で行われる。家督を継いだばかりで、世評の良くない信長として、妥当な行動である。

信長公記』によれば、信長が家督を継いで最初に戦ったのは山口左馬之助とその息子の九郎二郎である。山口の軍勢は千五百、織田勢は八百である。この時織田勢は「上槍を取られた」とある。
「上槍を取られた」とはどういうことか?私は古文献に詳しいものではないが、「上槍を取られた」という記述を『信長公記』以外に知らない。
「上槍を取られた」とは、敵方の槍を自分の槍で上から押さえつけたということである。
「上槍を取られた」側は、確かに消耗が激しいだろう。しかしこの合戦は、勝敗がついていない。捕虜になった兵や馬を交換しあって両軍とも引き上げている。倍近い兵力に対し、信長は善戦したといえる。「上槍を取られた」のは兵力差から見て当然と言えるし、上槍を取った側が真面目に戦っていないような印象を受ける。

村木の砦を攻めた時は、斎藤道三に兵を借りて、那古野城を守らせて出兵している。
この時の織田勢は「数知らず負傷者・死者が出て、目も当てられないありさま」だったとある。秋山駿もその著『信長』で述べているように、「自分の力の減少を賭けて闘っ」ている。

信長のエピソードとして「火起請」がある。
「火起請」とは古代からの裁判の手段で、焼いた鉄を握らせて、持てるか否かで有罪か無罪かを決めるものである。
このエピソードは信長が無神論者だという認識が崩れた2000年代頃から作家や研究者が取り上げ始めた。
領内で窃盗があり、真偽の判定のため火起請が行われたが、容疑者は鉄を取り落とした。しかし容疑者の仲間は容疑者をかばって成敗させまいとした。
そこで信長は自ら火起請を行い、焼いた鉄を持って三歩歩き、容疑者を成敗した。この容疑者は信長の乳母兄弟の池田恒興の家来である。
やると決めたら必ず実行し、自分に近い者にも容赦しないし、犠牲も厭わない。
信長は、ちんどん屋のようなスタイル以上に、この性格によって警戒され、「うつけ」と呼ばれたようである。
「上槍を取られた」と言われたのも、信長を警戒する世間がことさらに嘲笑してみせたのではないかと思う。

信長が清洲城を手に入れた後、信長は奇妙なことをしている。
信長は清洲城尾張守護の斯波氏に譲った。これは斯波氏を神輿にする信長にとって当然の選択だが、その後信長は隠居と称し、北の櫓に移った。
信長は何の隠居になったのか?
もちろん斯波氏の隠居でも、織田家の隠居でもない。
信長は清洲城主の隠居となったのである。
しかし隠居とは家のシステムでの立場なので、城主の隠居というのはあり得ない。だから信長の態度は常識から外れているのだが、この行為により、信長は前守護職であるかのような印象を世間に与えた。しかも詐称ではない。

の信長が家督を相続してから、尾張国内での暗殺事件が相次ぐ。
尾張守護の斯波義統、信長の叔父の織田信光、信長の弟の秀孝、秀俊が殺されている。
太田満明はその著『桶狭間の真実』で、一連の暗殺の首謀者を信長だと推測する。
しかしそう思うのもわかるが、私はこの推測に同意しない。
信長の弟がそれほど重要な人物だったとは、私には思えないのである。信長にとって危険だったのは、やはり同母弟の信行くらいだろう。
信長の父信秀は、尾張の外に進出することで尾張の旗頭となり、信秀の存在により尾張の秩序は維持されていた。
信秀の死後、信長の行動は尾張に限定された。これ自体は妥当な行動だが、尾張の人々の目も国内に向くことで、下剋上が急激に進行したのである。はたして信秀のくたびれ儲けだったのか、それとも信秀が潜在的下剋上を進行させていたと見るべきか。おそらく両方だろう。
津本陽は『下天は夢か』で、叔父の信光暗殺のみを信長が黒幕だとしている。信光は守護代清洲織田について信長と戦いながら、信長と通じて守護代を殺している。津本の推測が妥当だろう。

このような尾張の情勢で、弟の信行が謀反を起こし、信長は稲生で信行と戦う。
ここで奇跡的なことが起こる。信長が信行軍を一喝すると、信行の軍勢が崩れて逃げ出したのである。
これを秋山駿は信長の人格的威厳とし、ナポレオンに比肩するものだとする。
信長に人格的威厳があることは、否定しない。しかしそれが主な原因で、信行軍が崩れたのではない。
尾張国内では下剋上が進行したが、その実態は何者でもない者が、主筋の人物を殺していただけである。
この尾張の無秩序がピークに達した後、人々は秩序の回帰を望むようになった。その時信長は尾張の前守護に準ずる者であり、さらに美濃の潜在的領主である。実は信長は、尾張で最も権威のある人物だったのである。
鉄砲の三段射ちや鉄船などの信長の技術革新は、現在ではあらかた否定されている。信長が天下を取った資質として見るべきは、その政治力である。その政治力は時として極めて日本的で、時に日本の政治の在り方を知悉し抜いてそれを破壊する。信長の尾張での戦いには、その原形がある。

古代史、神話中心のブログ「人の言うことを聞くべからず」+もよろしくお願いします。




維新はなぜ共謀罪法案に賛成したのか

サブブログ更新の予定だったが、予定外の事態のため、メインを更新する。サブ更新は来月行う。 問題はこの記事、

www.asahi.com

森友、加計学園豊洲市場移転問題、など、前回の記事とかぶっている。安倍政権の支持率については、私が下がっているとしたのに対し、橋下氏は「支持率が高い」という見解で論じている。

 偶然にも論点が被りすぎたせいか、またさすが橋下氏というべきか、私のPVが下がっているww

そこで今回の記事だが、この記事の内容は橋下氏の記事への反論ではない。


 なぜ維新は共謀罪法案に賛成したのだろうか? 

保守だからというのは正しくない。維新は自民に変わって政権を目指す党である。自民と同じことをするなら、自民に吸収合併されればいい。

 政権を目指すということは、反野党なのである。

日本の政治の全ての案件による対立は表層的なもので、潜在的には護憲と改憲の対立だと、このブログで何度も指摘してきたが、護憲の立場の野党の場合、「なんでも反対」になる。 

現在の民進党につながる旧民主党がうまくいかなかったのは、二大政党制の一翼を担う立場と、護憲の立場としての「なんでも反対」の二面性を持っていたからである。

旧民主党も何度か政権の座に就いて入れば、政治への責任感が芽生えたかもしれないが、安倍政権のように長期政権、そして何より国民に強面な態度を示す政権に対しては「なんでも反対」になる。


 維新はこれまで、安保法制や労働者派遣法改正などについては、自民に譲歩しながら妥協案を提示してきた。 

それが今回無かった。松井代表は「譲歩させた」と言っているようだが、どのような譲歩を勝ち取ったのかわからない。 つまり、国民に胸を張って譲歩を勝ち取ったと言えるようなものが、今回の維新には無かったのだろう。共謀罪法案は、妥協案を提示できる代物では無かったということである。

 ならば反対すればいいとはいかないのである。

 自民に反対すれば、「なんでも反対」の野党と変わらなくなっていく。政権を担う党になるためには、「なんでも反対」の野党と一線を画さなければならないのである。


 思うに、維新とは新撰組である。 つまり、「一、士道に背くべからず、背けば切腹!」という、鉄の隊規を持っている政党である。上西小百合議員への処遇や、最近では離党届を出した党員をその日付で除名するなどの対応に、鉄の規律ぶりが表れている。 

この厳しさに党員が耐えていけるのは、政権を担うという意識と、「他の野党とは違う」という意識である。その意識がある限り、維新は何がなんでも野党と同じ行動はとれないのである。


 全ての橋下氏の言動を見たわけではないし、橋下氏がツイッターのアカウントを変更したりしたので確かなことは言えないが、共謀罪法案について橋下氏が言及したのは、共謀罪法案成立前後のようである。 

橋下氏は共謀罪法案から距離を置きたかったが、安倍政権の支持率が下がり、維新に波及しないようにてこ入れに入ったというのが真相のようである。


 古代史、神話中心のブログ「人の言うことを聞くべからず」+もよろしくお願いします。